GUIDE

コンタクトレンズご使用の方へ

ご使用前の注意事項

1.手を石鹸であらう
レンズを取り扱う手が汚れているとレンズが汚れて、
そのレンズをつけると眼の障害につながることがあります。
2.爪は短く切る(丸くなめらかに)
爪を長く伸ばすとレンズの破損の原因となり、
レンズ着脱時に眼を傷つけるおそれがあります。
3.洗面所でレンズを取り扱う場合
コンタクトレンズキャッチ(流失防止マット)を使用するか、排水口に栓をしてください。
レンズの取扱中に流すことがまれにあります。御注意ください。

装用とはずし方

レンズは正しい用法・ケアがより大切です。
正しくない用法・ケアは副作用や疾患の原因となり、
またレンズの有効期間も短縮させます。正しい装用とはずし方を習慣づけ、
よりキレイなレンズで目を健康に保ちましょう。

カラーコンタクトレンズの装用

手を石鹸で綺麗に洗います 1.手を石鹸で綺麗に洗います レンズを取り扱う手が汚れているとレンズが汚れてしまいます。
汚れたレンズをつけると眼の障害につながることがあります。
ブリスターを開け、コンタクトレンズを取り出します 2.ブリスターを開け、コンタクトレンズを取り出します
洗浄液で洗います 3.洗浄液で洗います ブリスター内でコンタクトレンズは強めの消毒液に浸っています。
そのまま装用しますと目に刺激を感じる場合もありますので、
まず初めに洗浄液ですすいでください。
レンズをつけます 4.レンズをつけます 利き手の人差し指にレンズを乗せ、中指で下まぶたを開き、
もう片方の手で上まぶたを開きます。
レンズを見ず、正面を見ながらそっと瞳の上に乗せ、
レンズが瞳にしっかりと乗ったら、ゆっくりと数回瞬きをします。
軽く目を閉じ、眼球をゆっくり動かしキチンとつけることが出来たか確認して下さい。

カラーコンタクトレンズの外し方

手を石鹸で綺麗に洗います 1.手を石鹸で綺麗に洗います
ブリスターを開け、コンタクトレンズを取り出します 2.ブリスターを開け、コンタクトレンズを取り出します 鏡をよく見て、レンズの位置を確認してから黒目が上方に向くように鏡を見上げます。
利き手の中指で下まぶたを軽くひき下げ、
そのままで利き手の親指と人差し指でレンズを軽くつまみレンズをはずします。
洗浄液で20秒以上こすり洗いを行ってください 3.洗浄液で20秒以上こすり洗いを行ってください 疾患の原因となる汚れやばい菌が落ちます。
洗浄液でよくすずぎ洗いをしてください 4.洗浄液でよくすずぎ洗いをしてください
ケースは毎日洗い、清潔を保ってください 5.ケースは毎日洗い、清潔を保ってください

眼科へご相談ください

装脱着に不便を感じる場合は、眼科医にご相談下さい
購入時に医師の処方箋の必要はありませんが、安全の為に定期的に眼科医の検診を受けて下さい。
現在、眼に疾患がある場合は使用しないで下さい。 装脱着に不便を感じる場合は、眼科医にご相談下さい。
装用中に異常を感じた場合は速やかにレンズを外し、
レンズ装用に伴う症状と対策をご参照の上、適切な対処を行って下さい。
レンズご使用前の注意事項
レンズを取り扱う前に鏡を見て自分の眼をチェックしてください。
充血はないか、目やにがないかをチェックしてください。
異常を感じたら無理にレンズを装用せずに速やかに眼科医の診察を受けてください。
レンズの装用時の注意事項
レンズをつけてすぐに異物感があればレンズが裏返しになっているか、異物混入の恐れがあるので
取り出してもう一度清潔に洗浄してから裏表をよく確認して再び着用してください。
初めてレンズを使用した場合、最初の20分位は軽い違和感を感じることがあります。
その後通常はなれて気にならなくなりますが、継続して違和感を感じる場合は
すぐご使用を中止し、専門医の検査を受けてください。
レンズに慣れるまでの症状
レンズに慣れるまでは、軽い異物感や、目の充血があったり、涙が多く出たり、見え方が不安定になることもあります。
個人差はありますが、症状は徐々に軽減し、慣れるに従い解消されます。
症状が強かったり、改善されない場合はレンズ装用を中止し、眼科医の検査を受けてください。

症状1:装着後すぐに痛む(涙・充血)

・レンズの汚れ…すすぎ・消毒を行う。改善されない場合は新しいレンズに変更。
・ゴミ、まつ毛、化粧品の付着の場合…ソフトレンズ用保存液ですすぎ洗い。改善されない場合は新しいレンズに変更。
・レンズに傷や破損があった場合…新しいレンズに変更。
・眼に違和感がある場合…レンズをはずし、様子をみる(装用時間を短く)もしくは、疾患眼科医の診断を受け指示に従う。
・眼にゴミが入っている…レンズをはずし、眼のゴミをとる、もしくは乾燥眼科医の指示のもと人工涙液を使用。
・レンズの装着に問題がある際は、眼科医に相談、場合によっては新しいレンズに変更。
・表裏逆で利用しているかもしれないので、その際はレンズをはずしてソフトレンズ用保存液ですすいで入れなおす。
・左右に違和感がある場合…逆に入れているレンズをはずしてソフトレンズ用保存液ですすいで入れなおす。(度付の場合)

症状2:目やにが出る

・目に疾患がある可能性があるので、眼科医の診断を受け指示に従う。

症状3:レンズを装用中にぼやける

・レンズの汚れ…すすぎ・消毒を行う。改善されない場合は新しいレンズに変更。
・レンズの乾燥…眼科医の指示のもと人工涙液を使用。
・レンズの黄変…新しいレンズに変更。
・視力の低下…眼科医の診断を受け指示に従う。

症状4:着脱後に痛みがある

・目に疾患がある可能性があるので、眼科医の診断を受け指示に従う。

公益社団法人日本眼科医会コンタクトレンズ啓発動画 公益社団法人日本眼科医会コンタクトレンズ啓発動画
PAGETOP